多摩地区不動産検索タマックス 多摩地区の不動産業者が集結。新築一戸建、マンション、土地、賃貸住宅情報 新築分譲住宅のアスティーク
タマックストップページへ 新築一戸建検索 中古一戸建検索 新築マンション検索 中古マンション検索 土地(売り地)検索 賃貸物件検索 注文住宅について 売却について
不動産ポータルサイト 不動産物件検索方法 検索方法 不動産業者一覧 業者一覧




機関車バスは2台あり、赤の「ひので号」と武蔵五日市駅から有料で出ている青の「青春号」があります。
この機関車バスは下記にて詳細が掲載されているので、そちらも合わせてご覧下さい。
「農の駅 肝要の里」を出て、しばらく山を登ると左側に大自然に囲まれた「つるつる温泉」が見えてきます。
少し寒いですが、澄んだ空気と山々からのマイナスイオンで車を降りた時点で「本当に東京か?」と思ってしまうほど。
ゆっくりした時間が流れる日の出町で、休日を満喫する事で身も心もリフレッシュする事が出来るでしょう。

五日市街道を武蔵五日市駅前の交差点を右折し、しばらくすると「つるつる温泉入口」の交差点があります。
この交差点を左折し、しばらく山を登っていくと右側にお土産屋の「農の駅 肝要の里」が見えてきます。
ここからは休日のみ、無料の歓迎バス「ひので号」が温泉まで出ているので、お土産を購入するついでに日本唯一の機関車バスを見てみるのもいいでしょう。

自動ドアを開けるとログハウススタイルのロビーが広がります。
ロビーはまるで山荘やログハウスを思い起こすデザイン。
落ち着いたゆったりとした雰囲気が特徴です。
ここで、本日施設を案内して頂く、遠藤副支配人と合流しました。
昨年11月にオープンして10周年を迎えたという事で、施設を案内してもらいつつ、つるつる温泉の歴史を話してもらいました。
温泉のルーツは、町おこしの一環であり、当初は本当に源泉を掘り当てられるのか?と、数多くの不安を抱えスタートしたそうです。
しかし、町が協力し、町の活性化、観光地としての地位を築くという町民の熱い思いと夢を叶える為、作業は行われたそうです。
この結果、見事に源泉を掘り当て、今に至るそうです。日の出町は歴史があり、夢がある町なのだと、遠藤副支配人は誇らしげにおしゃってくださいました。

温泉の話しにはいり、ここで「生涯青春の湯」のネーミングと「青春着」に着目していた今回の派遣員は意を決して尋ねてみました。
「生涯青春」のフレーズは当温泉の支配人である、町長が第4代東京都知事・鈴木俊一氏の「生涯青春、生涯現役」の言葉に感銘を受けて、命名をしたそうです。
また、温泉のキャッチコピーでもある「一度はいれば長生きし、重ねて入ると若返る」
にもじってのネーミングでもあるそうです。
「青春着」は写真でも掲載してありますが、温泉オープンからある歴史ある着衣。
今回、初公開(?)という事ですので、この青春着を利用してみてはいかがでしょうか。

広々とした食堂や10畳個室の宴会場(3部屋 要予約)、マッサージ等々、様々な施設を楽しめながら自然を満喫できる「つるつる温泉」
ぜひ、休日にリラクゼーションスポットとして、ご家族・ご友人を誘って足を運んでみてください。

【タマックス温泉&スパ取材担当:S】

つるつる温泉はその名の通り、泉質のアルカリ性により、肌が「ツルツル」になると評判の天然温泉です。ここでは、その特徴と、奇数日・偶数日で交代制の洋風大浴場(生涯青春の湯)と和風大浴場(美人の湯)の紹介を致します。 
      ※奇数日:男性 和風/女性 洋風  偶数日:男性 洋風/女性 和風
 青春号 時刻表はコチラから
 東京都西多摩郡日の出町大字大久野4718
           

【生涯青春の湯 つるつる温泉】
オフィシャルサイト
http://www.gws.ne.jp/home/onsen/
東京都西多摩郡日の出町大字
大久野4718
 副支配人 遠藤さん
「当温泉は1度はいると、2回、3回とはいりたくなる温泉です。その気持ちは入ってみないとわからないものなので、是非騙されたと思って入ってみてください。
アトピーや足のむくみ、痛みにも効果があり、地元の医師にも効力を認められた自慢の温泉です。是非、ご家族、ご友人をお誘いあって、お越し下さい。」

  ※クーポン期間は終了しました。

第1弾 八王子やすらぎの湯