多摩地区不動産検索タマックス 多摩地区の不動産業者が集結。新築一戸建、マンション、土地、賃貸住宅情報 新築分譲住宅のアスティーク
タマックストップページへ 新築一戸建検索 中古一戸建検索 新築マンション検索 中古マンション検索 土地(売り地)検索 賃貸物件検索 注文住宅について 売却について
不動産ポータルサイト 不動産物件検索方法 検索方法 不動産業者一覧 業者一覧
tamax取材陣が行く!不動産会社訪問
No.020 羽村市 株式会社山一ホームの巻 第2回

 「創業時より変わらぬ営業スタイル」アドバイザーとしてお客様のお力になります。
 私達は「アドバイザー」であり、セールスマンではない。
―山一ホーム様は2回目の取材となりますが、今回は、お客様と接する「営業スタッフ」様の事を中心にお聞きしたいと思います。

はい、わかりました、どうぞよろしくお願いいたします。

―営業スタッフの皆様がお客様に対し、常に気をつけていることをお聞かせ下さい。

そうですね、やはり従来の不動産業者というのは、怖いというイメージを持たれている方が少なくないと思います。
それは、しつこい勧誘や、営業行為が当たり前のように行われてきたからでしょう。
しかし私たち山一ホームはそのような営業行為は一切いたしません。これは会社の方針なのですが、スタッフ全員が不動産の「アドバイザー」という認識を持ってお客様をお迎えしているからです。
ただ単に売り込むだけのセールスマンではいけない!我々は「アドバイザー」なんだとスタッフには言っております。
これは、山一ホーム設立当初より変わらないスタイルです。

―設立からというと、今年で22年目ですか!その営業スタイルが今に受け継がれているわけですね。

はい、お客様にとっては一生に一度かもしれない、マイホームのご購入ですから、スタッフ 一人々が
前田尚樹氏株式会社山一ホーム 前田尚樹部長。

日々不動産の知識を高め、またアドバイザーとしてお客様のご意見をお伺いした上で、はじめて最適なご提案ができるのではないかと考えています。
ですから、そのために社員教育はかなり厳しくしていますね。

―営業スタッフの教育係がいるのですか?

新人スタッフが入社した際は、全員ですね、基本的にチームで教えていきます。
売り上げとかではなく、まず人として、社員教育をして、アドバイザーとしての自覚を持たせる。
もちろん強引な営業活動もさせません、アドバイザーの立場からお客様の話を聞く事で、良い話につながるんですね。
スタッフの入れ代わりが多い業界ですが、弊社スタッフの在籍率は高いと思います。
 住宅購入は、不動産のプロフェッショナルに相談する事からはじまる
―お客様のご要望もそれぞれでしょうが、アドバイザーの仕事として、どのようなケースがありますか?

最近ではインターネットの普及で、色々な情報を得る事ができますので、お客様の多くはある程度の情報や知識をもって来られると思います。しかし実際にお客様の希望・要望を聞かせていただくと、幾多の問題が浮かび上がってくるものです。
それは、金額面(収入と住宅ローンのバランスや税金関係)であったり、建物の立地、間取りのこと等。
また、ご夫婦で住宅購入される場合、奥様主動で希望条件を出し、その希望に合った家を購入する、逆のパターンも同じく。よくある事だと思いますが、後々のことを考えると決して良くはありませんね、やはり家の購入をご夫婦だけで話し合ってしまうと、イメージだけが先行したものになってしまう傾向がありますしね。
山一ホームでは、アドバイザーの立場でお話を伺い、現実的で的確なアドバイスをさせていただいております。
必ずお役に立てると思いますので、まずはお気軽にご来店またお問合せ頂ければと思います。

―今年、新たに青梅支店をオープンされましたね。

はい、羽村市青梅市と今まで以上に地域に密着した細かいケアから、ご購入、ご売却の相談などが出来るようになりました。
もちろん、青梅支店でも羽村本店と何ら変わる事の無い対応をしています。

大きな水槽!
大きな水槽が和やかな雰囲気を演出しています。
―昭島のモリタウンの「ハウジングギャラリー」の役割は?

まず第一に不動産業者に対するイメージを変えてあげたいというところから始めました。お客様からすると、不動産屋へ出向くとなると一応に心構えをしてから、という方が多いと思われます。私達はもっと気軽に、ご自分のペースで住まい探しが出来れば、とそんな声にお応えし、「山一ハウジングギャラリー」を立ち上げました。
昭島市モリタウンに設置されているこのギャラリーでは、買い物ついでに気軽に立ち寄れるような店舗をコンセプトにオープンしました。
モリタウン内の各ショップ同様、出入り自由にお客様に物件を見ていただく、また、お客様が普段疑問に思っていた住宅の事などをアドバイザーに質問できる、といったように、不動産屋のドアを叩くのがこわいと思われている方には、とても優しいオープンな店舗ですね。

―買い物ついでに物件探しですか、面白い発想ですね。

例えば、地下食品売り場で買い物して、大根の入った買い物袋を下げたお客様がふらっと立ち寄って、そのまま家も購入された。なんてケースもありましたね(笑)。
そんな気軽な感覚で、楽しんで家を選べる空間でいつでもアドバイザーが対応しております。

―来店しなくてもアドバイスは受けられますか?

もちろん可能です。山一ホームのホームページからメールをいただければ、いつでもご相談にお乗り致します。ご来店頂いているお客さま同様に対応することを心がけておりますので、メールでもお気軽にご相談いただければと思います。
実際、メールでのご相談からはじまり、ご成約いただいたケースも数多くございます。それは、メールを通して伝わるこちらの対応だと考えられます。
迅速な対応は当然のこと、メールの内容で「安心感」や「信頼感」を持っていただく、そしてご来店につながった結果ですね。
 山一グループは住宅購入後も安心の一貫したアフターケア
―ご紹介のお客様も多いとお伺いしましたが?

はい、多いですね、以前購入していただいたお客様からのご紹介から、大手企業様の社員様から同じ会社の社員様へご紹介いただいたり、また、官庁関係の職員様も同様のつながりでご紹介からご来店いただいております。

―それはすごい事ですね!なぜだと思われますか?

購入したお客様が嫌な思いをすれば、その会社に他の方を紹介することはないですね、信頼を重ねて継続する為にはお客様のどんな要望も聞き逃さず、満足させるアドバイスが大切なんですよ、また、山一グループには、建設部門もありますので、住まいを購入していただいた後のアフターも一貫して承っております。
ですから、家にまつわる事すべてにおいて対応できる強みがあると思います。紹介のお客様についても、山一ホームで購入されたお客様が実際に満足できるサービスで家を購入していただいた証だと考えております。

―これから住宅を購入されるお客様にアドバイスをお願いいたします。

私たちが申し上げることは、まずは「プロのアドバイザーに相談をすること」です。専門的な知識が乏しい場合、展示場などに行かれ、営業マンに言われるがまま、連絡先などを記帳してしまう、営業マンからすればとにかく家を売る事が仕事ですから、頻繁に連絡や訪問をする事になります。そして、気が付けば契約の話にまでなってしまった!なんてことも
少なからずございます、それを防ぐために私たち
アドバイザーがいるのです。思い立ったら、まずはご相談ください。実際ご購入するのが二年先だったとしても、まずは話を聞かせていただく、そこがスタートラインになってくるのです。どんなものを購入したらいいのかわからない、騙されたくない、失敗したくない、というお客様のお力になれることが一番の
仕事だと考えております。
繰り返し言うように、私たち山一ホームの営業は
セールスマンではなく「アドバイザー」です。たとえ
今は家を買う気が無いと言うお客様でも、一度、
どのようなご様子なのか、お支払いなどの内容も
含め、どのようにお考えなのか、というお話をお伺いする機会が設けられたらと思っております。家をご購入する意識を少しでもお持ちなら、弊社のスタッフが販売現地を巡回してお見せすることも可能です。もちろんそこでご購入される気が無くてでもです。
お客様にはお客様のタイミングというものがあるでしょう、それは私たちも理解し尊重しておりますので、焦らせるようなアドバイスはいたしません。
先にも言いましたが、思い立ったらまずご相談くだ
さい。私たちは知識を存分に発揮しお客様に接しています、必ずお力になれるという自信があります。


思い立ったら、まずはご相談ください。
【編集後記:タマックス担当E】
今回お話を伺った「前田部長」様とは共通の知人がおりまして、この取材の数日前に15年ぶりの再会となりました。今はとても落ち着き、貫禄さえ感じさせる人物になっておられましが、時より冗談をまじえて笑顔で話す姿は昔のままでした。地元では歴史があり優良企業の山一ホーム様で手腕を発揮されている姿を知人として、とても誇りに思いました。
山一ホームの営業マンは「セールスマン」ではない「アドバイザー」なんだ!というスタイルが多くの人々に広まれば業界全体にすばらしい変化が期待出来るのではないかと感じました。
株式会社 山一グループ MAP










会社情報

今回お話を伺った、
株式会社山一ホーム
前田尚樹部長。
会社名
株式会社 山一ホーム 
所在地(本社)
東京都羽村市緑ヶ丘1-23-9
電話/FAX
042-555-9500/042-555-9511
フリーダイヤル
 0120-727-444
ホームページ
http://www.yama1home.com/
特記事項
■免許番号
東京都知事免許(6)第47202号
■加盟団体
(社)全国宅地建物取引業保証協会
(社)東京都宅地建物取引業協会
(社)首都圏不動産公正取引協議会
mapはこちら



No.022 立川市
株式会社ノーヴァ・アソシエイツ の巻

地域密着。それはどれだけ、きめ細かいサービスを提供できるかということ

No.021 青梅市
大京ホーム 株式会社 の巻 第3回

開発順調!青梅市河辺エリアの新ランドマークと近隣不動産情報をご紹介。

No.020 羽村市
株式会社 山一ホーム の巻 第2回

「私たちはアドバイザーであり、セールスマンではない」

No.019 羽村市
株式会社 住宅情報館 の巻

ホームページを有効活用し、常に最新情報を提供!

No.018 青梅市
大京ホーム 株式会社 の巻

WEBサイトをリニューアルした大京ホーム株式会社を緊急再取材いたしました!

No.017 羽村市
株式会社 山一ホーム の巻

細かいところまで安心できる、こだわりのサービス

No.016 福生市
有限会社加美平不動産 の巻

地元の福生で不動産業16年目に突入!」

No.014 小平市
アメリカンホームズ 株式会社
小平支店 の巻

北米式輸入住宅を販売している、
アメリカンホームズ小平支店さんに突撃インタビュー!」

No.013 武蔵村山市
不動産専門館
吉泰不動産 有限会社の巻

緊急企画!tamaxスタッフが不動産専門館さんをレポートさせて頂きます!」

No.011 立川市
センチュリー21
株式会社住宅工営販売立川店の巻

「お客様主義宣言」

No.010 東村山市
有限会社サンバーディ久米川店の巻

「不動産業のイメージを変えるため、
不動産屋らしくない不動産屋を目指します」

No.009 立川市
株式会社ユタカホームの巻

「設立1周年、
謙虚に着実に歩んでいきます。」

No.008 小金井市
メディアプランの巻

「スタッフ全員が女性というスタイル。
そのコンセプトとは?」

No.007 立川市
株式会社フォレストホームの巻

「創業以来一貫して続けてきた
オープンハウスというスタイル。」

No.006 青梅市
大京ホーム株式会社の巻

「自分達の目で見て感じたことを、
精一杯お客様に伝えるということが
重要だと思っています。」

No.005 昭島市 
株式会社ホームランド昭島店の巻

「お悩みや課題が難しければ難しいほど、
来ていただきたい!」

No.004 国分寺市 
株式会社東宝ハウス国分寺の巻

「今だからこそ、
本当に必要な情報を識別・提示いたします。」

No.003 昭島市
株式会社大栄ハウジングの巻
 
「お客様に見られていても、いなくても、
常に全力!!」

No.001 東大和市
株式会社ホームランド本店の巻
 
「一見の価値アリ!
様々な街のプロジェクトが進行中です。」





― タマックス トップへ ―