多摩地区の不動産は「タマックス」-新築・中古・マンション・売買・賃貸物件情報 サイトマップ

不動産検索「タマックス」TAMAX

東京多摩地区の不動産会社がここに集結!
ホットな物件情報や地域・住まいに関する情報満載です!
地域不動産会社300社突破 信頼のネットワーク
 
動物病院 リスト

動物病院の選び方

ペット 犬 イメージ自宅から近いこと

病気の経過が早い場合や、異常がない場合の検診などで
通うことも考えると、近い方がよいと考えられます。
近所で通っている飼い主が多い、ということも選ぶポイントの一つです。

異常がないときに、検査やワクチンの相談などで
いくつか病院をあらかじめ訪ねておくと、いざというときに
安心してお願いできます。

ペット 犬 近所の散歩 イメージ獣医さん・病院の姿勢と人柄

ペットは自分で話を出来ません。
獣医さんは、飼い主の話をもとに、診察・診断をします。

良く話を聞いてくれる、わかりやすく納得のいく
説明・診療・料金になっている(インフォームドコンセプト)、
正直に方針を提案し、押し付けない…など、
自分とペットにとってよいコミュニケーションがとれる病院を
探し、選ぶ事が大切です。

病院のスタッフの「動物が好き」という姿勢が感じられるといいですよね。

病院の設備

清潔で明るい雰囲気であることがまず第一。
診察台だけでなく、待合室も清潔が保たれていたいです。

また、飼い主がどの程度高度な医療を望んでいるかによって異なりますが、
どんな病気でもMRIがなければならない、というわけではありません。
設備や治療方法によって大きな病院を紹介してくれるなどのインフォームドコンセプトがあれば
治療などのよい判断材料になります。

病院へ行くときのポイント

初めて動物病院に連れて行く時

事前に、飼っている動物について、一通りの基礎知識を得ておきたいものです。
その上で、動物病院の先生の話を信頼することが大切です。

珍しい動物の場合はそこの病院で対応できるか、事前に電話での確認も必要になります。
電話することで、大体の料金を事前に把握することも出来ます。

病院で動物が逃げ出したり、他のペットと接触したりするのを避けるためのリードやケースは必須です。
移動するときの手段や、車、バックやハーネスなどに日頃から慣れさせておくとよいでしょう。

動物病院 犬と猫
病院では以下のようなことを聞かれることが多いです。
確認しておくと安心です。
  • いつ家に来たか
  • どこで買ったか
  • 生年月日
  • 一日に何をどれくらい何回食べているか
  • ワクチンはいつ何を接種しているか
    (できれば証明書を持参する)
  • 便検査はしているか
    (日付/結果など)
  • 他に検査をうけているかどうか
  • 今までかかった病気について
    (時期・病気・治療・経過など)
  • 一緒に飼っている動物がいるか

ワクチン(予防接種)をうけたいとき

何回かすでに予防接種している場合は、そのワクチンの証明書を持っていきましょう。
またそのワクチン接種後に異状(顔が腫れた、吐いてしまったなど)がみられた場合は
必ず診察前にお伝えください。

ペット保険について

突然の病気に備えてペット保険に入っておくとよいといわれます。
医療費の半額を負担してくれるなど大きな病気をしても安心して治療してあげる事が出来ます。
かかりつけの病院に相談してみましょう。

病気又は怪我などで具合が悪くなったとき

動物病院 犬と猫

まず電話をします。

緊急の場合は、仕方ない面もありますが、出来るだけ、事前に
電話をしましょう。かかりつけの病院であっても、事前に電話をし、
診察の依頼をすることが大事です。

特に診察時間外には、必ず連絡を入れてから連れて行くようにしましょう。

獣医さんが留守のときもあります。事前に電話すれば
ほかの病院を紹介してもらうなど対策を取る事が出来ます。

動物病院に行く前に、電話をすることによって、
わざわざ獣医の診察をする必要がなくなる場合もあります。

多摩の動物病院マップ・リスト

病院へ行く準備と、病院でのマナー

準備すること

つなぐものやケースの用意

首輪や胴輪、リードをつけていく必要があります。
つなぐものがない場合、小型犬の場合などは、キャリーケースに入れて連れて行きます。

犬以外の場合でも同様です。
猫やうさぎ、モルモット、フェレットなどもキャリーケースを利用しましょう。
ハムスター・リスや鳥などは飼育ケージごと連れて行くか、逃げ出さないような箱に入れて行きます。

  • 食欲はありますか?
  • 元気はありますか?
  • 便の状態と尿の状態
  • 今回どのように、いつから具合が悪そうですか
  • 状態の経緯(ひどくなってきているかなど)
  • 原因として何か考えられることがありますか
  • 以前に同じような症状は?
  • 検査をしても良いですか
  • 診療費用についてお考えがありますか
状態の把握と、獣医師に正確に説明する

診察に行くときは、これらのペットの変化を
把握している人が連れて行くようにします。

また、大体の料金を事前に確認しておくことも
必要です。

診断の手がかりになりそうなものを持っていくか、
右のような質問に答えられるように
メモを取っておくといいでしょう。

病気のみつけ方とみわけ方の目安

病院についてからのマナー

逃げ出さないようにする

先ほど述べたように、動物たちは不安などから過敏になっていたりすることも考えられます。
突然逃げ出したりしないよう、リードは必ずつけておきましょう。

他の動物と接触しない、させない

ほかの動物たちにむやみに触ったりしないようにしましょう。
思わぬ刺激を与えてしまうかもしれません。
また、皮膚の病気で通院している動物もいますので、自分のペットが感染してしまう可能性もあります。

診察・検査・治療などについて

『検査をするかしないか・どんな治療をしてもらうか』は
飼主も獣医師と一緒になって考えて決めていかなければいけません。
動物病院の先生の話を信頼するとともに、飼い主は獣医にどんどん質問して
信頼関係を築いていかなくてないけません。

そして、話を真剣に聞いて答えてくれる人と良い関係を保つ努力が、
あなたとペットの生活をよりよいものにしてくれるでしょう。

動物病院に行く前に 初めての病院の選び方から病院にいくときのポイントまで多摩の動物病院MAP
ペットの病気ミニ知識動物病院に行く前に

知っておきたい犬と猫の病気。
病気の見分け方をチェック!

犬にもねこにも、病気の種類はたくさんあります。そのうちの主な病気についてだけでも知っておくことは、早期発見と治療に役立ちます。

犬の主な病気の症状・対処
猫の主な病気の症状・対処
症状の見分け方

タマックスコンテンツ
多摩がもっと楽しくなる!地域情報コンテンツ 地元・近所で探したい!多摩の不動産店舗リスト